twitter
    about
    霜月はるか・日山尚が贈る、女神アリアが『うた』で奏でた
    異世界”ティンダーリア”を舞台とする、幻想物語シリーズ。
    優しく切ない物語を歌曲で表現した、
    霜月はるかのオリジナルファンタジーボーカルアルバムに端を発する、
    「音楽から始まるメディアミックス」企画です。
    top
    tindharia
    Introduction
    かつて、ティンダーリアが森だけの世界だった頃、
    全ての命は『アリア』と呼ばれていた。

    世界を創造した女神によって創られた小さなアリアたちは
    森が枯れると『うた』を歌い、自分の命を森へと還した。

    <森の実りの恩恵を受け、そして、命を森に還す>
    それは森を護る為に、女神の作った理だった。

    これは、女神と心を通わせることのできるアリアの少女と
    街に住む人間の若者の、出逢いと別れの物語……。
    2007年 2月 霜月はるか オリジナルファンタジーボーカルアルバム「ティンダーリアの種」発売
    2007年 5月 「ティンダーリアの種パーフェクトガイド」発売
    2008年 5月 「ティンダーリアの種ドラマCD」発売
    2008年 5月 公式コミカライズ「ティンダーリアの種」連載開始
    2009年 5月 公式コミカライズ「ティンダーリアの種 第一巻」ミュージックCD付き限定版/通常版 発売
    2009年11月 「Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2009~FEL ARY ARIA~」開催、「ティンダーリアの種 全曲ステージ」公演
    2010年 1月 公式コミカライズ「ティンダーリアの種 第二巻」ミュージックCD付き限定版/通常版 発売
    2010年 2月 DVD「Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2009~FEL ARY ARIA~」発売
    2010年 4月 「ティンダーリアの種」携帯向けきせかえツール配信(docomo・SoftBank・au)
    2010年 8月 CD+コミック「ティンダーリアの種 外伝 ~それぞれの花祭り~」発売
    bottom
    top
    tindharia
    Introduction
    それは、女神が「うた」を奏でて創った世界。
    全ての命は「アリア」と呼ばれ、世界を守るために存在していた。
    それが幼い女神の定めた、最善の理だった。

    とある時代に降臨した女神は、「アリア」たちの嘆きを受けいれ、世界の理を変えた。
    変わらぬ永遠と引き替えに、「アリア」たちは変化という自由を得る。
    女神は全てを「アリア」たちに託して去り、女神の物語も、理の物語も、全ては遠い伝説となった。
    多く遺された「アリアのうた」だけは、それらの過去が真実であると語る。
    限りある恵みと共に永い年月を経て、世界は発展していった。

    しかし、57年前に突如訪れた天変地異。
    世界は一瞬にして暗闇となる。
    その後、太陽は力を取り戻すも、その光は日に日に弱まり、世界は恐慌に陥っていた。
    育たない植物、弱り、死んでいく生き物たち。
    飢餓から逃れようと、限りある恵みを求め、生き残るために殺戮が繰り返された。

    ティンダーリアの樹の元で、かつての女神アリアの復活を望む者が現れたのは、当然のことだった。
    女神アリアを祭る神殿は人々に約束する。
    女神を定める「メシャリア」を選定し、もう一度、世界ティンダーリアに女神を復活させることを。
    そして、女神アリアの名において、かつての世界の理、永遠の恵みを呼び戻すことを。

    いのちは多くを欲し、偽りの輪廻をめぐる
    見届けよ、誰が世界の終焉をうたうのか
    何が真実なのか――
    2009年10月 霜月はるか オリジナルファンタジーボーカルアルバム「グリオットの眠り姫」特装盤/通常盤 発売
    2010年12月 公式コミカライズ「グリオットの眠り姫」連載開始
    2011年 6月 公式コミカライズ「グリオットの眠り姫 第一巻」ボイスドラマ&ミュージックCD付き限定版/通常版 発売
    bottom